花粉症


花粉症について

毎年2月の初旬ころ、まだ寒い時期ですが、当院ではこの頃から徐々に
花粉症でお悩みの患者さまのご来院が増えてくるようになります。

丁度この頃から朝のテレビ番組でも今日の花粉情報という
コーナーをよく目にするようになりませんか?

「今日は例年に比べてもかなりの量の花粉が飛びそうですよ~」
と注意を促す声もよく聞くようになりますよね。

当院にお越しくださる患者さまからは、

「鼻が詰まって息がしにくい」

「鼻水が止まらない」

「頭がぼ~っとして仕事に集中できない」

といった声や症状がひどすぎて

「手術して治るものならぜひお願いしたい」と
目を赤くして涙ながらに訴える方もいらっしゃいます。

また勉強会などで好意にさせていただいている同業の
整体師やマッサージ師さん達の中にも花粉症の方がいて

「この時期は、仕事にならない」と嘆いている先生方もいらっしゃいます。

笑い話のようですが、奥様の花粉症がひどくて
お仕事から帰宅した時に衣服に付いた花粉をきれいに
払い落さないと家に入れてもらえないご主人様もいらっしゃいます。

このように毎年、花粉が飛ぶような季節になると
皆さんどれだけ辛いものかを切実に訴えてくださいますので
あなたのお悩みもよく理解しているつもりです。

そこで花粉症でお悩みの方が少しでも改善されればという
思いから当院の花粉症に対する考えを書かせていただきました。
ご参考にしていただければ幸いです。

花粉症の原因

まず花粉症の原因ですが、花粉が、鼻の中の粘膜に付着すると、
その粘液となった花粉が、リンパ球の1つであるマクロファージに取り込まれます。
その情報は「ヘルパーT細胞」と呼ばれる細胞に伝達されます。

その際、ヘルパーT細胞が、花粉を勘違いして「敵だ」と認識してしまうと、
今度はその情報がB細胞という細胞に伝達されます。

B細胞は敵だと認識した花粉に対抗するためIgE抗体を、作り出します。

このIgE抗体は、結合しやすい顆粒球の肥満細胞と結合します。

花粉が侵入してくるたびにIgE抗体は、つくりだされていきますので
カラダの中がIgE抗体でいっぱいになってきます。

ある一定以上レベルに達すると、ついに花粉症や他のアレルギーにも
反応しやすいカラダが出来上がっていきます。

このころからクシャミ・鼻水などの花粉症の初期症状が現れてきます。

花粉が侵入するたびに肥満細胞が活性化し、やがて
体内でヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されるようになります。

これらが過剰に毛細血管や知覚神経を刺激するために、
花粉が侵入する鼻や目の回りに炎症が起こってしまい、
クシャミや鼻水、目のかゆみなどをともなう、つらい花粉症となっていきます。

マクロファージ? IgE抗体? 肥満細胞?

聞きなれない単語がよく出てくるので分かりづらい
ですよね。

簡単に言うと人間には、自分の体に害を起こすような
毒や敵が
カラダの中に入ってきますと
これを排除しようとする免疫というシステムが
備わっています。

花粉そのものは、
体に害を起こすようなものではないのですが、

免疫システムが、「毒だ」「敵だ」と勘違いして
排除しようとする
反応がカラダの中で起こっている
ということなんです。

なので
勘違いしている間は、花粉が飛んでいる限りずっとずっと
免疫システムが作動してしまいますよということです。

目から鼻から口からなんとかしてこの毒、敵を追い出そうとして
過剰に反応しますので炎症を起こして、くしゃみや鼻水、
目のかゆみを伴った花粉症になっていくということです。

え、本当の原因はそうなの?

でも
良いように考えれば、勘違いしているだけで
免疫システムはちゃんと正常に働いているわけなんですね。

じゃその勘違いを気付かせてあげればいいと思いませんか?

当院では、辛い症状を薬などで抑えるのではなく
勘違いを気付かせてあげる施術を提供しています。

そもそもなぜこんな勘違いが起こるのでしょうか?

その最大の原因は『ストレス』だと私は考えています。

花粉はあくまでも、きっかけに過ぎず、『ストレス』によって
免疫力が下がってしまうのが本当の原因だと考えています。

私たちの生まれる前から花粉は飛んでいたのですよね。

なぜ突然急に花粉症になる人がいるのでしょうか?

遺伝だったとしたら子供のころから花粉症になっても
おかしくないですよね。

なぜスギの多い田舎よりも都会に住む人のほうが
花粉症の発症率が高いのでしょうか?

スギ林の面積が日本で一番多い九州よりも東京を含めた
南関東のほうが2倍近くも発症率が高いのでしょうか?

『ストレス』が原因だと考えると
何となくつじつまが、合ってきませんか?

あなたが、『ストレス』だと聞いて何か思い当たるものや
何か引っかかるものがあるのであれば、

当院は、きっとあなたの力になれると思います。

免疫システムをコントロールしているのは自律神経という神経です。
ストレスがかかると自律神経は乱れてしまいます。

また体の歪みは、筋肉や内臓、そして神経にも負担をかけて
本来の働きを妨げるようになります。

ストレスがかかると体も歪んでしまいます。

当院では、あなたの抱えている『ストレス』そのものを取り除き
ストレスによって乱れた自律神経を調整して免疫力を上げていきます。

そして歪んでしまったカラダを元の健康な状態に戻して
筋肉や内臓、神経が共に本来の働きができるように
あなたのカラダを導いていきます。

当院では、このような施術を提供しています

花粉症でお悩みの患者さまから頂いた体験談

当院で花粉症でお悩みの患者さまから頂いた体験談です。
ご参考までに。

『うれしいことだらけです。』

まず結論からいいますと、私は最近とても体調が良いです。

ここ2,3ヶ月前から肩こりがひどくなり、
ついにしびれるような感覚で痛みまででてきました。

このままではヤバイと思いどこか良い整体はないかと
インターネットで探し今の治療院を見つけました。

そのサイトには体験談がたくさん掲載されており、
同じような症状の方も改善しているのを読んで
一度行ってみようと思い電話すると、
とても丁寧に私の症状を聞いてくださり、
肩こり以外の気になる症状はないですか?と言われたので、

ここぞとばかりに便秘・花粉症・アトピーetc、
今まで悩んでいた体の不調をカイロとは関係ないだろうと
思いつつ言ってみると、

先生は
『そのような症状はみなさんも改善されていますので大丈夫ですよ』
との答えに少し驚きつつ治るのならと行ってきました。

治療に入る前に1時間ぐらいかけて
何が原因でこのような症状がでてくるのか、

どうすれば症状はなくなるのか等
とても詳しく説明していただきました。

治療はというと、とっても不思議なもので全く痛くもなく
これで何がどう変わっていくのかな?という感じでした。

ところが1回目の治療の次の日から今まで3日に1回ぐらいの便通が
毎日になり、花粉症の症状も夜も眠れないほどひどかったのに
全くなくなり、肩こりも本当に全く感じなくなりました。

3回目の治療を終えた今は、アトピーの肌も赤みがなくなり
明らかに1ヶ月前とは違い肌質が良くなりました。

と、うれしいことだらけです。

長年悩んでる症状がある方や病気ではないけどなんとなく
健康な気がしないという方は一度試してみる価値アリです!!

『薬を飲む回数も量も減りました。』

学生時代からの肩凝り・腰痛持ちですが、
こちらで3、4回施術した所、腰痛は完全に無くなりました。

肩凝りは仕事で一日パソコンを使うため完治はしていませんが、
今までの事を思うとかなり改善されています。

また、この時期は花粉症に悩まされていますが、
前回の治療後から薬を飲む回数も量も減りました。

このまま治療を続けて完治したら嬉しいです。

『ムズムズしない期間が
長くなってきています。』

花粉症でいつも鼻がムズムズしています。
薬を飲んでも全然治りません。

友人の紹介でカイロに行きました。
行くと必ずムズムズしていたのが次の日にはとれます。

そして回をおうごとにムズムズしない期間が
長くなってきています。

耳鼻科を何軒もまわり、色々なお薬を飲んでいましたが、
何ヶ月も飲み続けなければならず、
それでもピタッと良くなることはないです。

副作用の方が強く喉が乾いたり、眠くたくなります。
しかしカイロの場合は副作用はありません。
薬を飲まず治すことが出来れば本当にいいと思います。

カイロに通うことが根本的治療になるなら
病院よりもカイロの方がいいと思っています。

人間の免疫力を改善する事でアレルギーを完治させる事が
出来るなら薬はいらないですね。

私は薬を飲むのが嫌いだから・・・


当院は、花粉症でお悩みの方から
このような感想をいただいている治療院です。

もしあなたやあなたの知り合いが花粉症でお悩みなら
力になれるかもしれません。

ご相談だけでも構いません。
一度ご連絡いただければと思います。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

お気軽にお相談ください

当院の基本情報

 

院名

 

兵庫宝塚カイロプラクティック


院長

 

一色雅仁


営業時間

10:00~21:00


定休日

火曜日

土・日・祝営業


住所

兵庫県宝塚市小林2丁目10-4

サンパレス21小林102


TEL

0797‐74‐5505

 


ブログ更新履歴

営業日カレンダー

適応症状

肩こり・肩痛
腰痛
ぎっくり腰
坐骨神経痛
首の痛み・首こり
背中の痛み
自律神経失調症
めまい
耳鳴り
不妊・生理痛・生理不順
心理的な症状
花粉症
頭痛
不眠・睡眠障害
アトピー性皮膚炎
冷え性
股関節痛
膝の痛み
オスグッド
身体の歪み
顔の歪み
骨盤の歪み(産後も含む)
背骨(骨格)の歪み
側弯症
手足のしびれ
腱鞘炎・ばね指・テニス肘
顎関節症・あごの症状
手首の痛み
足首の症状
肘痛
後頭部痛
体のバランスが悪い
O脚・X脚
猫背
四十肩・五十肩
椎間板ヘルニア
腰椎すべり症
脊柱管狭窄症
臀部の痛み
腕の痛み
足(脚)の痛み
外反母趾
腹部の張り
肋間神経痛
顔のけいれん
瞼のけいれん
寝違え
ムチウチ
チクチク感
こわばり
背中の腫れ
こむら返り
足底筋膜炎
動悸
むくみ
体のだるさ
便秘
下痢
胃の不調
吐き気
食道裂孔ヘルニア
不正出血
PMS(月経前症候群)
子宮内膜症
更年期障害
ホルモン異常
内臓の不調
立ちくらみ
顔のほてり
体のほてり
貧血
ふらつき
浮遊感・ふわふわ感
寝つきが悪い
目覚めが悪い
熟睡感がない
疲労感・慢性疲労

倦怠感
ぜんそく
腸の不調
食欲不振
抜け毛
円形脱毛症
目の奥の痛み
高血圧
血圧が不安定
目の疲れ
ドライアイ
視力低下
発汗異常
耳閉感
呼吸障害
過呼吸
過換気症候群
皮膚病
肌荒れ・ニキビ
ガングリオン
爪の割れ・変形
呼吸困難
息苦しい
胸のつまり感
気管支炎
甲状腺機能低下症
バセドウ病
橋本病
副鼻腔炎
膀胱炎
糖尿病
メニエール
微熱が続く
目の下のクマ
頻尿
チック症
不整脈
電車に乗るのが怖い
車の運転が怖い
アレルギー性鼻炎
蓄膿症
突発性難聴
嗅覚障害
味覚障害
ストレートネック
逆流性食道炎
緑内障
ストレス
イライラ感
不安感
パニック障害
過食・嘔吐
拒食・摂食障害
うつ
産後うつ
対人恐怖症
視線恐怖症
高所恐怖症
確認恐怖症
トラウマ
脅迫障害
プレッシャー
焦燥感・焦り
緊張しやすい
あがり症
赤面症
マイナス思考
気分の浮き沈み
無気力
意欲がない
集中力がない
忘れやすい
精神的不安定
落ち込みやすい
ストレス性難聴
離人症
学校に行けない
心身症

PAGE TOP