日々の思い

宝塚でバングラディッシュを想う

メンテナンスでお越しの患者さまより

バングラディッシュのお土産をいただきました。

Yさまお気遣いありがとうございます。

バングラディッシュに行くのには、タイ経由で行かないといけないそうで
タイまで5時間、そこからさらに2時間、合計7時間かかるとのこと。

バングラディッシュと言われても恥ずかしながら、あまり馴染みもなく
はっきり場所も分からないのでちょっと調べてみました。

すると結構面白そうなことも書かれていたので
少しばかり紹介させていただきますね。

バングラディッシュは旧パキスタンから独立した国で国旗は日本と似ていて
緑色の上に赤い丸が特徴です。

白地に赤く~♪

ではなくて 『緑地に赤く~♪』というもの。

独立の際に西パキスタンの象徴である「三日月と星」に対抗して
その反対の象徴として「太陽の丸」を用いたとのこと。

やはり丸は、日本と一緒で太陽をイメージしていたのですね。

なんかそれだけでも親近感が湧きますよね。

あと文化の違いですが日本人の感覚で行くと
「えぇっ!」と戸惑うこともあるそうでその中でも面白いなと思ったものが

1.「うんうん」とか「そうやね~」とか返事の際に頷く仕草が向こうでは、 
  首を縦に振るのでなくてかしげる仕草をするのだとか・・

  日本だと「ん?」と分からないときによくやる仕草だけに
  話を理解してもらってないと思って何回も何回も必死になって
  伝えようとしてしまうそうですよ。

2.小指を立てる仕草、これは、彼女とか指切りげんまんということでなくて
  「トイレに行ってきますね」という意味だそうです。

  これも知らずに小指を立てられたら先ず、首をかしげちゃいますよね。

  これは、「うん、わかった」という合図なので
  先方は了解してくれていると思っているのですが、
  席を立たれた私たちは、「あれ?なんか気に障ることした?」となってしまうのだそうです。

3.男性同士は仲が良いと手を繋いだり、一緒に寝たり、椅子に横に並んで食事をしたりするそうです。
  仲良しの証拠で、バングラデシュでは何ら違和感はないのだとか・・

  以前テレビで大阪の男は、親友や仲が良く打ち解けた間柄になると酒の席で
  よくボディタッチをするという検証をしていましたが、

  これも大阪風コミュニケーションと思えば納得できますね(笑)

  旅行の際に突然腕を組んで来ることもあるかもしれないそうですが、
  もしそうなった時は、ちゃんと驚かずに受け止めてあげてくださいね。(^o^)

如何でしょうか?
3つばかり面白いなと思ったものを紹介させていただきましたが、
ちょっとは興味を持っていただけたでしょうか?

宝塚にもバングラディッシュ出身の方っているのかな?

そんなことを考えながら
今日もいただいたお土産からバングラディッシュのことをググれるほど
平和で幸せな一日でしたとさ(笑)

******************

【宝塚 自律神経・メンタル整体院】
兵庫宝塚カイロプラクティック

TEL 0797-74-5505
「ホームページページを見て・・・」
とお電話ください。

兵庫県宝塚市小林2丁目10-4 サンパレス21小林102

阪急今津線小林駅東改札より徒歩3分
(小林自転車駐車場のスグ近くです。)

(月)・(水)・(木)・(金) 10:00~21:00
(土)・(日)・(祝)     10:00~21:00

定休日:毎週火曜日

<完全予約制 1日10名限定 新規患者さまは1日2名まで>

※ご相談・ご質問だけでもお気軽にどうぞ

施術を受けた方の体験談はこちら
http://www.ekiten.jp/shop_3067204/review/

******************

LINEでも予約受付中です! ↓↓↓


******************

関連記事

  1. 日々の思い

    伊勢神宮式年遷宮

    今週の火曜日、定休日を利用して伊勢神宮にお参りさせ…

  2. 日々の思い

    気にしない。気にしない。

    誰かに何かを言われるたびに「なんであなたにそこまで言わ…

  3. 日々の思い

    こころのメンテナンスのために

    この連休でリフレッシュされた方は問題ないと思いますが、…

  4. 日々の思い

    切り替えスイッチ

    ひとつの事実を違う意味で捉え直すことを心理学では、リフレー…

  5. 日々の思い

    宝塚カイロは本日が最終日になります。

    早いもので当院の営業も本日が最終日になります。この…

  6. 日々の思い

    良い行いとは?

    良い行いを積めばいつか良い結果として帰り、良からぬ…

最近の記事

  1. 2020.04.17

    共感について
PAGE TOP