腰痛


腰痛について

当院にお越し下さる方の中で肩こりと同様に多いのが
腰痛です。

肩こりと同様に内科的なお悩みでご来院くださっている方でも
初回に「その他でお悩みの症状は、ございますか」と
お尋ねすると、多くの方が「腰痛」もと付け加えられます。

「なんで腰痛ってなくならないの?」
「腰痛ってこれからもずっと付き合っていくものなの?」

このような疑問を抱いている方達の為に腰痛に対する
当院なりの考えを書かせていただきましたので

もしあなたも腰痛でお悩みなら、
じっくり目を通していただければ幸いです。


その時は良くなったと思うんだけど・・・

手軽に行けるクイックマッサージやいろいろな整体院に通って みたものの

「その時はすっきりして良くなったと思うんだけど
またすぐに元に戻ってしまう」

と言う声を患者さまからよく耳にします。

また、

「テレビでやってる腰痛体操なんかもやればいいのは
分かってるんだけどつい忘れちゃて・・」

と苦笑いされている方も
いらっしゃいます。

中には、
「絶対に手術だけはしたくないんです」と
涙ながらに訴える方もいらっしゃいます。

このように当院では肩コリと同様に腰痛でご来院下さる方の割合も多く、
いろいろなご意見をたくさん聞かせていただいておりますので
それなりにあなたのお悩みも理解しているつもりです。


痛みの原因

なぜ腰痛になってしまうのでしょうか?

痛みの原因は、大きく分けて2つ。

ひとつは、体の歪み、そしてもう一つは、血行の悪さであると
当院は考えています。


体が歪んでしまうと・・・

体に歪みがありますと体のバランスが非常に悪くなります。

バランスの悪い状態で生活をするということは、体中の筋肉に
大きな負担をかけ続けた状態で生活しているということです。

腰が痛い方は当然、腰に相当な負担がかかった状態で
生活していることになります。

当然、負担をかけられている腰の筋肉は、疲れてきます。

そしてその疲れがピークを迎えた状態、
「もうあかん、なんとかして~」と言う筋肉の悲鳴、
これが痛みなんです。

歪んでいるが故に腰の筋肉に大きな負担がかかっているのですから
負担がかからないように身体の歪みを正してあげる必要が
ある訳です。


血行が悪いということは・・・

また筋肉は、血液から酸素と栄養と言うご飯を貰っています。

血行が悪いと言うことは、ご飯が貰いにくい状態だと言うこと。

あなたもご飯を食べないと力が出ませんよね。
腰の筋肉だって同じなんです。

だから血行を良くする必要があるわけです。

と言う訳で当院では、腰痛に限らず、痛みやコリのある方には、
体の歪みを正し、血行を良くする施術を提供しています。


えっ、腰を治療しないの?

腰痛だからと言って腰を治療するわけではありません。

人間の体は、すべて脳によってコントロールされています。

コリや痛みも脳が感じて(認識して)いるんですね。

ですので当院は、コリや痛みのある部位を押したり、揉んだり
関節を回したりして治療するのではなく、痛みを認識している
脳に直接アプローチする施術を提供しています。


ご来院下さる方の一例

体育座りが長い時間できない
いつも腰が重だるい
腰が痛くて寝むれない
腰痛で寝返りが打てない
腰が痛くなるので10分以上は歩けない
朝、顔を洗うのがたいへん
靴下、靴をかがんで履けない
咳やくしゃみしただけでも腰に響く
上を向いて寝れない
体を反らすと腰が痛い
脊柱分離すべり症と言われた
脊柱管狭窄症で腰が痛む
走ると腰が痛くなる
腰が痛くなるので重い荷物が持てない
腰が抜けそうになる
腰がいつも冷たい
腹が立つと腰が痛くなる
長時間運転すると腰が痛くなる
腰が痛くて長時間立っていられない
ギックリ腰によくなる
自転車に乗ると腰が痛い

このような方がご来院下さっています。


腰痛でお悩みの患者さまから頂いた体験談

当院で腰痛でお悩みの患者さまから頂いた体験談です。
ご参考までに。

『「最近えらいよく動くようになったね」と言われます。』

一色先生ありがとうございます。

こう言ったら先生は「私のおかげじゃないよ」
「ちょっと手伝っただけですよ」とおっしゃいましたが
私はとても感謝しています。

実はここ数年、頭痛薬ばかり飲み身体もだるくおまけに腰痛まで持ち
「もう生きるのはいやだなぁ」と思う日々が続いていました。

先生から脳の働きや精神症状の話を聞き
言われるとおりに手首、足首、指先を動かしている間に
日に日に元気になり、この秋から今までとまったく違う自分に
驚いています。

家族からも「最近えらいよく動くようになったね」と言われます。

ああ人の身体ってただ痛いところを触ってもみほぐすだけでは
いけないのだと言う事がよくわかりました。

これからは先生に教えていただいた歩き方や身体の動かし方を
もっとしっかりやっていきたいと思います。


『腰が痛いという感覚はなくなりました』

腰痛を再発し、整形外科へ通院していましたが、日数をかけて
少しはよくなっても、痛みはなくなりません。
痛みどめの薬とコルセットの装着は、いつまで続くのでしょう。

整形外科の先生に、仕事をやめれないなら、腰痛とつきあって
いくしかないといわれました。
毎夕に、痛みがまし、週末まで会社にいくのがやっと、土日は
家で出来るだけ、安静。

腰痛予防体操で、首まで痛めてしまいました。

このままだと、会社勤めは続けていけるのだろうかと不安でした。
先生の書かれていることを読み、写真などをみて、先生のところへ
とりあえず電話をしていってみました。

じっくり詳しい説明や治療方法を聞いて、発想の転換と自分の
治癒力を信じることに気づきました。

なんとも不思議な施術でしたが、1週間たって、腰が痛いという
感覚はなくなりました。

先生は話をたくさん聞いてくださいますので、安心感もあります。

まだ治療中ですが、1週間後の自分の体調がよくなりそして、
心がどれだけ、軽くなっているかが、楽しみになってきました。



『自身の内なる力を信じます』

きっかけは腰痛でした。
年1回は、ひどい腰痛で起き上がることができなくなります。
年々、ひざも痛くなり、ひどい肩こりになったり。

肩こりは、父からの遺伝で持病だとあきらめていました。

初診でのお話の内容は、最近テレビで耳にしたり、
本を読んだり、興味ある内容でしたが、それが
自分自身にどう直結しているのか先生の書かれている図解と
お話しでよくわかりました。

人間も大自然の中で生きている動物。

自身の内なる力を信じ、そのお手伝いを一色先生に
していただいているのだという気持ちでこれからは、
毎月1回メンテナンスに伺うことにしました。
よろしくお願い致します。


ご予約・お問い合わせは

ホームページを見たとご連絡ください。
タッチしただけで電話がかかります↓


LINEでも予約受付中です! ↓↓↓


メールフォームからのインターネット予約・お問い合わせは




↑症状別一覧に戻る

当院の基本情報

 

院名

 

兵庫宝塚カイロプラクティック


院長

 

一色雅仁


営業時間

10:00~21:00


定休日

火曜日

土・日・祝営業


住所

兵庫県宝塚市小林2丁目10-4

サンパレス21小林102


TEL

0797‐74‐5505

 


ブログ更新履歴

営業日カレンダー

適応症状

肩こり・肩痛
腰痛
ぎっくり腰
坐骨神経痛
首の痛み・首こり
背中の痛み
自律神経失調症
めまい
耳鳴り
不妊・生理痛・生理不順
心理的な症状
花粉症
頭痛
不眠・睡眠障害
アトピー性皮膚炎
冷え性
股関節痛
膝の痛み
オスグッド
身体の歪み
顔の歪み
骨盤の歪み(産後も含む)
背骨(骨格)の歪み
側弯症
手足のしびれ
腱鞘炎・ばね指・テニス肘
顎関節症・あごの症状
手首の痛み
足首の症状
肘痛
後頭部痛
体のバランスが悪い
O脚・X脚
猫背
四十肩・五十肩
椎間板ヘルニア
腰椎すべり症
脊柱管狭窄症
臀部の痛み
腕の痛み
足(脚)の痛み
外反母趾
腹部の張り
肋間神経痛
顔のけいれん
瞼のけいれん
寝違え
ムチウチ
チクチク感
こわばり
背中の腫れ
こむら返り
足底筋膜炎
動悸
むくみ
体のだるさ
便秘
下痢
胃の不調
吐き気
食道裂孔ヘルニア
不正出血
PMS(月経前症候群)
子宮内膜症
更年期障害
ホルモン異常
内臓の不調
立ちくらみ
顔のほてり
体のほてり
貧血
ふらつき
浮遊感・ふわふわ感
寝つきが悪い
目覚めが悪い
熟睡感がない
疲労感・慢性疲労

倦怠感
ぜんそく
腸の不調
食欲不振
抜け毛
円形脱毛症
目の奥の痛み
高血圧
血圧が不安定
目の疲れ
ドライアイ
視力低下
発汗異常
耳閉感
呼吸障害
過呼吸
過換気症候群
皮膚病
肌荒れ・ニキビ
ガングリオン
爪の割れ・変形
呼吸困難
息苦しい
胸のつまり感
気管支炎
甲状腺機能低下症
バセドウ病
橋本病
副鼻腔炎
膀胱炎
糖尿病
メニエール
微熱が続く
目の下のクマ
頻尿
チック症
不整脈
電車に乗るのが怖い
車の運転が怖い
アレルギー性鼻炎
蓄膿症
突発性難聴
嗅覚障害
味覚障害
ストレートネック
逆流性食道炎
緑内障
ストレス
イライラ感
不安感
パニック障害
過食・嘔吐
拒食・摂食障害
うつ
産後うつ
対人恐怖症
視線恐怖症
高所恐怖症
確認恐怖症
トラウマ
脅迫障害
プレッシャー
焦燥感・焦り
緊張しやすい
あがり症
赤面症
マイナス思考
気分の浮き沈み
無気力
意欲がない
集中力がない
忘れやすい
精神的不安定
落ち込みやすい
ストレス性難聴
離人症
学校に行けない
心身症

PAGE TOP